胃カメラ感想~其の一~

みなさんこんばんは!
合同会社b-style Inc. 代表の渡部です。

長かったゴールデンウイークも終わりましたね・・・。
会社員時代は嬉しかった連休も経営者の立場になると
流石に10連休は不安でいっぱいになります笑い

さて、本日は連休前にブログで書きました
参照過去ブログ→早くも体調不良・・・。
ということがあったので

「胃カメラ」内視鏡検査を受けてきました・・・。
結論から申し上げますと

「二度と受けません!!!」

語弊があると困るので正確にお伝えすると
僕が行ったクリニックは
最高に良いクリニック
だったと思います!詳細は後程・・・。

先ずは検査終了までの流れを
ご紹介致します。

受付

最近出来たばかりのクリニックのようで
非常に綺麗で清潔感に溢れた内装です。

受付の女性も親切丁寧で感じ良かったです!


上記はイメージですw
初診だったので問診票を書きながら
待ちました。予約してたので問診票書き終わったら
即、呼ばれて身長体重・血圧測定です。

一回目の問診

測定が終わると診察室に呼ばれて
先生とご対面です!
事前にホームページ等でお顔は拝見してましたので
不思議な感覚でしたが印象通り優しそうな先生でした!

これもイメージですwww
実際の先生はホームページにてご確認下さいw

気になる点や、検査内容・方法を詳しく説明して
頂いたのでかなり緊張は解れました!
正直検査前から緊張でえずいてましたからねw

検査前の準備

今回は口からではなく鼻からの検査になりまして
事前準備として鼻の奥を広げるスプレー液状の薬
鼻の奥に左右二回ずつスプレーします。
これが喉の奥に落ちてきて超苦いです・・・。

そのまま五分程放置してから次は
鼻にカメラより細いプラの管を挿入して
鼻の形状を確認します。
また数分放置です。

次に本番カメラと同じサイズの管
最終調整をします。これもすんなり
入ったのでかなり安心しました!

しかもこれらの準備中は常にスタッフが
話しかけてくれて緊張を緩和してくれます!
めちゃくちゃ丁寧で優しいです!

この辺りからかなり緊張は解けて
余裕モードに突入しました!
舐めてましたwww

最後にオエッてなりにくいように
喉にスプレータイプの麻酔をかけます。
これで準備万端となります。

鼻にはまだプラの管が入ったままですw
いよいよ本番です、検査機器のある診察台に
向かいます。
口からの検査の場合、鎮静剤を軽く打つことが
あるみたいですが今回は鼻からなので
NO鎮静剤でいきました。

検査

左側面を下にして目の前にはモニターがあります
カメラが入っている間はツバの飲み込みができませんので
顔の横にツバ受けを設置されて垂れ流しの指示を受けますw

ここまであまりにも余裕だった為完全に油断してましたが
ここからが最強にツラいです・・・。

地獄の始まり

鼻の管を抜いたと同時にカメラ挿入です。
鼻の奥、喉前くらいまでは今まで入っていたので
すんなりですがその先は完全に未知の領域でした

案の定死ぬほどオエッてなりましたねw
なによりもカメラが入ってくる違和感
半端じゃなく辛かったです。

しかもカメラが胃の中に入っていく感覚が
本当にしんどかったです。
涙、鼻水、よだれのフェスティバルでしたwww

ということで、大変盛り上がってきましたが
このままだとかなりの長編になりそうなので
其の二に続きますwww

ではまた次回!

胃カメラ感想~其の一~” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。

前の記事

東区激うまラーメン!!

次の記事

胃カメラ感想~其の二~